Vanilla Electronics


 Vanilla Recordsの手島さんには、色々とお世話になっている。今はなき仙川ゴスペルでのライヴを収録したIncapacitantsのカセット「Extreme Gospel Nights」やファーストビデオとなった「Extreme Gospel Nights2」をリリースしていただいた。Vanilla Recordsでの多数の作品のリリースに加えて、自らもYellow Cabを率いての活動を行うなど、多彩な動きをしてきた彼のもう一つの重要な側面が、所謂エフェクタの製作販売である。

その記念すべきエフェクタ発売第一号が、ここで紹介するスクランブラー(VE Model 101)だ。最早10年以上の歴史を誇るこのエフェクタは、他ではあまり例を見ない独特のもので、或る周波数を境にして、その上下の周波数を入れ替えてしまうというのだ。その「或る周波数」というのは、つまみで設定できる。と書いても、今一つ、その効果がどのようなものなのかピンと来ないだろうが(私も使ってみるまではそうだった)、実際使ってみれば、そのユニークさは際立っていると感じられた。私の筆力のなさで、それが実感できるように表現することが出来ないのがもどかしいところだが、とにかく機会があれば、使ってみて欲しい。敢えて言えば、一時のIncapacitantsのように、典型的なWall of Noiseというかあらゆる音が一緒くたになって来襲するようなタイプの演奏よりは、もう少し音に隙間があり、ハイスピードの音の転換を繰り広げるようなノイズにより一層適しているように思える。その意味で、これがMasonnaの山崎君の愛用品だという事実には素直に納得できるのである。

もう一つ紹介したいのが、VE Model 700である。これは、中身はBOSSのメタルゾーンという歪み系のエフェクタで、それをシリーズ統一のケースに入れ、テーブルトップノイズでの使用しやすさを勘案してスイッチをトグルスイッチに換えたもの。そのドンシャリ度は極めて高く、特に、Vanillaで扱っているコンタクトマイクとの相性は抜群だ。ノイズ系のウェブサイトを見ていると、若者が、「僕は○○○(ノイズユニット名)が好きです。自分でもノイズをやりたいと思うのですが、機材のことがさっぱり分かりません。誰かアドバイスをお願いします。」等と能天気なことをのたまわっているのを目にすることがしばしばだが、そんなお兄ちゃんには、この組合せを薦めたい。何も考えずに、この二つをアンプに繋いで、コンタクトマイクでその辺をこすったりたたいたりすれば、それなりにハーシュノイズのように聞こえる音が出せるのだから。但し、それがノイズとして成り立つかどうかは、多分その音を出した人間の覚悟にかかっている。それほど単純なものではないということだけは言っておきたい。逆に言えば、個としてノイズ足りうる者であれば、何も機材を用いなくてもノイズを生み出すことはできる。そして、そのような者にとってみれば、この二つの組合せほど強力なサポートはなかなかないだろうというのも、また、私が実際にライヴで使ってみて感じた正直なところである、ということで私の拙い文章の締め括りとしておこう。

2008年4月
T.MIKAWA

● 予約はこちからお願いします。


 昨年の10月にとあるキッカケでヴァニラ・エレクトロニクスを知り、VE Model-101とVE Model-201を注文した。完全受注生産だったので、ヨーロッパツアーに持って行きたいという願いも叶わず、1ヶ月のツアーを終えて帰って来た直後に完成の知らせを受ける。早速試してみるとVE Model-101はかなりの高次元でギラギラと反抗期の少年のように音が上がり、VE Model-201は入力するソースによって予想不可能な音が毎回出て楽しませてくれた。今年になって最後に手に入れたVE Model-401も、脳天に突き刺さる攻撃的な音が非常に魅力的で、すっかりヴァニラエレクトロニクスVEシリーズの虜になってしまった。

 全シリーズに共通しているパチパチさせるスイッチが、とてつもなく便利であり、今まで表現する事が困難であった事が容易に出来たので、手元に届くのを待った甲斐があったと心底思った。

 ヴァニラエレクトロニクスVEシリーズを使う程に色々な希望と妄想が膨らみ、ある日、手島さんに「今使っているBOSS MT-2にパチパチさせるスイッチを付けてVEシリーズみたいに改造して下さい。」と、無理を承知で御願いした。
 実現出来るかどうか解らないという事を最初に言われたが、快く引き受けて頂き、
試作品や試行錯誤を繰り返すなか数日後に完成の御連絡を頂いた。(後の
VE Model-700)

 技術的な事はよく解らないが、試してみると良い意味で予想を裏切っていて、本家のBOSS MT-2よりも音のヌケが良く、スピード感も増していて最高の出来栄えで文句が無かった。その時期タイミング良く自作の最終レコーディングだったので、新作では思う存分VEシリーズを使う事が出来た。

 技術的・物理的に不可能だったことを現実にしてくれた手島さんには心から感謝している。もし、今使っているエフェクターに少しでも疑問を抱いている人は是非、ヴァニラエレクトロニクスVEシリーズを使って欲しい。

 改良の余地が無いくらいにクオリティが高く、最低限の武装で最大限の攻撃をしてくれるヴァニラエレクトロニクスVEシリーズ無しでは、最早、MONTAGEサウンドは表現出来ないというレベルにまで依存している。

 自分は、ヴァニラエレクトロニクスVE中毒者の一人である。

2005年5月
MONTAGE/MONOTYPE

● 予約はこちからお願いします。


地元が近くということもあり、ヴァニラ社長とは高校時代からたびたび喫茶をすることがよくあったが、その時分にこのエフェクターを作ってくれるようにお願いし、出来たで、という連絡が来て、いそいそと待ち合わせ場所まで受け取りに行った時のことをよく覚えている。
 自分のエフェクター選びの基準は「見た目」と「音のスピード」という2つである。気に入らなかったら返してくれたらええで、ということだったので早速うちに帰って箱を開けてみた。それは真っ黒の小さな箱にツマミ、上下にパチパチさせるスイッチ、そしてON/OFFのライトがついているだけでVANILLA ELECTORONICSの文字も何も無いシンプルなものだった。しかし見た目はかっこいい!さっそく試しに音を出してみたのだが、今までのセッティングだけでは音の粒子が比較的でかくてスピード感があまりなかったのに、このエフェクターのスイッチを入れた瞬間、粒子が見えない程の細かさで飛び散って、腰のあたりで鳴っていた音が一気に頭の上の上の方にまで上がっていって、すごい速さで通りすぎていってしまったのである。それにON/OFFで一気に音が変わるというのも非常におもしろい。いっぺんに気に入ってしまった自分はそれ以来このエフェクターをライブでもレコーディングでもずっと使っている。その奇妙な出で立ちのせいかよく共演者の方々に、これはなんなの??、と聞かれることがあるが、社長には大変申し訳ないけないけどなんせ見た目と音でしか判断していない為、このエフェクターがどういう働きをするものなのかをまったくもって理解できていないので答に困り、うーん、よーわからへんのですけどヴァニラ・レコーズの社長さん手作りのとにかく音が速なって厳つなるエフェクターです、と苦笑いしながら答えている。もちろんこんな使い方だけしかできないというものではなく、自分がやってみたことでいうと、例えばフィールド・レコーディングした音源や、玩具のボイス・チェンジャー等にこれを通してみると非常に奇妙なものになったりと様々な使い方ができるエフェクターなのである。とにかくす
ごい。

2003年9月
コーヘー・ザ・ファスト
(ギルティー・コネクター)

● 予約はこちからお願いします。


           
  古くからの友人、ヴァニラレコ−ズの手島くん(ヴァニラからはマゾンナの1st LP、CD、ヴィデオを、リリ−スして貰った。)から電話があり、「ハンドメイド・エフェクタ−を販売するから、試しにつかってみる?」と言われ、モニタ−になることにした。
  
 数日後、送られてきたのは2つの黒いエフェクタ−と簡単な説明文で、そのエフェクタ−は凄く軽い。そしてスイッチはフット・スイッチ(足で踏む押しボタン式)では無く、指でON/OFFしなければならないトグル・スイッチだった。マゾンナのステ−ジングは、足元にエフェクタ−を置いて、踏みつけたり叩いたりして音を切り換えるので使いにくいと思った。 取り合えず音を出してみる事にしたら、これがかなり面白い。バッファ/トレブル・ブ−スタ−は、ハイが凄く上がり、出力も20倍まで上がる。もっと使えるのはスクランブラ−の方で、スイッチングで音がカット・アップのようにもでき、これは他のエフェクタ−には無い特徴だと思うこのスイッチにして正解。 どうしてもライヴで使いたいと思い考えた上、軽量・小型なのでベルトに付けて使ってます。 
これを使って、この前ミュ−ズ・ホ−ルでノイバウテンのブリクサと共演しました。サウンド・チェックの時、ブリクサや他の出演者たちが、このエフェクタ−の事を興味深く聞きに来たりしてたしノイズ仲間たちに話したら皆さん欲しがってます。正式にこのヴァニラのエフェクタ−が発売されれば、ジャパニ−ズ・ノイズ・ア−ティストの間で、かなり愛用されることでしょう。マゾンナもライヴで壊れるまで使います。 

Sep./'95. 
山崎マゾ(MASONNA)

● 予約はこちからお願いします。

 




VE Model-100 シリ−ズ / スクランブラ−
ある周波数を境にして高い周波数と低い周波数を入れ替えてしまうエフェクタ−。その周波数をツマミで調整する。

VE Model-101  10,800yen
ケ−ス:黒色プラスティック製 
ケ−スサイズ(突起物含まず)W70 H40 D125
9V駆動(006P)
LED表示有り
ACアダプタ−入力有り(BOSSアダプタ−使用可)

VE Model-102  9,800yen
◎エフェクト効果は VE Model 101 と全く同様
ケ−ス:黒色プラスティック製
ケ−スサイズ(突起物含まず)W70 H40 D125 
9V駆動(006P)
ACアダプタ−入力無し
LED表示無し

VE Model-103  8,800yen
◎VE Model 102のケ−ス無し
基盤サイズ W65 D63
※「ケース無し」とは基盤剥き出し状態のことです。自作派で、自作のケースに組み込む方はこれがお徳です。

VE Model 100シリ−ズの入力側には DAT,CD,TV,カセット・デッキ 等ヘッドホン出力 でインピ−ダンスがマッチされる
ように設計されています。コンタクト・マイク、楽器等を使用する場合は、 Model 100シリ−ズの前に、VE Model 200
シリ−ズをかますか、電子スイッチ使用エフェクタ−をかますなどの処置をしてください。




VE Model-200 シリ−ズ / バッファ+トレブル・ブ−スタ−
●バッファ:電流増幅器。コンタクト・マイクや楽器などの直後にかませば音質劣化効果は勿論、出力もツマミで約3〜20倍まで可変可。バッファというよりプリアンプに近い。大出力のため後につなぐエフェクタ−、アンプを飛ばさぬよう要注意。
●トレブル・ブ−スタ−:高音増幅器。キラキラです

VE Model-201  8,800yen
ケ−ス:黒色プラスティック製 
ケ−スサイズ(突起物含まず)W70 H40 D125
9V駆動(006P)
LED表示有り
ACアダプタ−入力有り(BOSSアダプタ−使用可)

VE Model-202 7,800yen
◎エフェクト効果は VE Model 201 と全く同様。VE Model 201の簡易判
ケ−ス:黒色プラスティック製 
ケ−スサイズ(突起物含まず)W70 H40 D125
9V駆動(006P)
ACアダプタ−入力無し
LED表示無し

VE Model-203 5,800yen
◎VE Model 102のケ−ス無し
基盤サイズ W65 D63
※「ケース無し」とは基盤剥き出し状態のことです。自作派で、自作のケースに組み込む方はこれがお徳です。



全品、順番待ち状態が続いております。納品まで1〜3か月掛かる旨を、御理解願います。
● 予約はこちからお願いします。

・その他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

ノイズ用エフェクター  ノイズ向けエフェクター ノイズ用ペダル ノイズ向けペダル 発信機 noise用エフェクター noise向けエフェクター マゾンナが使っているエフェクター マゾンナが使用しているエフェクター masonnaが使っているエフェクター masonnaが使用しているエフェクター ギルティーコネクターが使っているエフェクター GUILTY CONNECTORが使っているエフェクター